So-net無料ブログ作成
検索選択

カテゴリー:浅田真央

第二の浅田真央、羽生結弦 [浅田真央]

こんにちは、Shouです。

[スポンサーリンク]





本日は第二の浅田真央、羽生結弦というテーマで書かせていただきますね。

まず初めに、フィギュア大好きな私shouが一味違うあなたを演出する写真一枚からできるオーダーメイドの似顔絵ギフト『ミニチュ絵』をオープン価格2980円(税別)からオープンしましたので、より心がこもった暖かい感動の贈り物をお考えの方は是非覗いてみてくだ さい。
Facebookペー ジでは選手達のイラストなども紹介していきます。
似顔絵ギフト『ミニチュ絵』


本日のタイトルである『第二の』という言葉を見て皆さんはどのように思われましたか。
浅田が日本スケート連盟ともめた理由の一つにもなりますが、実際のところ第二の浅田や羽生と呼ばれるような選手がまだ育っていないということで浅田がここまで引き止められているという事態になったとも言えますね。

確かにそれを日本スケート連盟も一番危惧していることなのかもしれませんが、フィギュアスケートというものが日本国民を魅了して国としての元気の源になっていくためには、それをけん引するスター選手の存在が必要不可欠です。

ソチ後の浅田真央と羽生結弦.jpg

もちろんこの第二の浅田真央や羽生結弦を生み出していかなければならいというのは、浅田の休養だけによって強く意識されるようになったわけではありません。

織田信成、安藤美姫、鈴木明子、高橋大輔などのスター選手の引退や休養というものがかなり大きく影響しています。

実際のところ、現在世界のレベルに手が届いている日本選手は、羽生結弦や村上佳奈子、町田樹、小塚崇彦などでしょうか。

そして、世界に手が届いているというだけでなく、日本中を巻き込むような第二の浅田や羽生のような魅力を持っている選手はまだまだ育ってきていないというのが実情かもしれません。

その第二の浅田や羽生に必要になってくる魅力とは何なのかということが気になります。
それは、結果はもちろんのこと特徴的なキャラクターというものが大きな役割を果たしていくのではないかと思います。

アイスダンス中の浅田真央と羽生結弦.jpg

浅田は何よりも圧倒的な清純なイメージやひたむきに努力をし続ける姿勢、そして何よりその国民から愛される雰囲気などによって多くのファンが増えました。
羽生もカッコよさと可愛さを兼ね揃えながらそのキャラクターのギャップによって多くの女性ファンを引き付ける存在となっていますね。

もちろん、メディアの報道の仕方にもよるところは大きいと思いますが、その選手のパーソナリティーが世間から受け入れられることが、結果と同じくらい大切なものになってくるのではないかと思います。

第二の浅田や羽生が育つというのには、ただ結果を出す選手が増えるということだけでなく、フィギュアスケーターとして日本中から受け入れられ、応援をされるという状況を『第二の浅田や羽生』という状態になるのではないかと考えられます。

今後、浅田や高橋はどのような道を選択するかまだわかりませんが、現状では羽生一人で日本のフィギュアスケート人気をけん引していくのはなかなか難しいことになってくるのではないかと思います。

だからこそ、第二の浅田や羽生の存在が必要にはなってくるのでしょう。
フィギュアスケートが日本で注目されたのは長い歴史から考えると実はここ最近のことです。
しかし、今フィギュアスケートは日本で注目されるスポーツとして代表とされるものにまでなっているといえます。

そして、日本フィギュアスケートも第二の時代に入ってきたのではないかと思います。
このように多くの人気選手が引退などをするようになり、今までにない時代に突入してきたように感じます。

[スポンサーリンク]




スポーツの世界において、選手の人気というものはそのままそのスポーツの人気にも大きく影響をしてきます。だからこそ第二の時代のトップ選手たちをどのように育てて、どのように日本国民に知らせていくかということがとても大切になってくるでしょう。

しかし、その第二の時代まではまだ時間があると私は感じます。後1,2年のフィギュアスケート界全体の動き方によって今後の動きが大きく変わってくるでしょう。

そのカギになってくるのが、テレビ出演かもしれません。第二の浅田や羽生が育っていくためにはそれだけの時間が要されます。
結果と共にパーソナリティーを多く含んだ認知を広げていかなければなりません。

そのために必要になってくる流れが、テレビやメディア露出の機会を増やしていくことなのかもしれないと思います。

そしてその機会が増えれば増えるほど、ファンの口コミやファンブログなどがより活発になってきます。

その繰り返しが第二の浅田や羽生の育成の時期として必要になることでしょう。
上記のことは私の予想でしかありませんが、それほど今新しい時代をけん引するようなスターをフィギュアスケート界では求めているのは事実でしょう。

さて、ここで考えてみたいことが、そのような第二の羽生や浅田になれる選手は今どんな選手がいるのでしょうか。


浅田真央と羽生結弦.jpg

先ほど上記に記載させていただいた、村上佳奈子、町田樹、小塚崇彦などがこれから特に第二の時代を引っ張っていく選手になっていくことが考えられますが、その中でも特に町田樹は期待される選手になってくるのではないかと思います。

町田は今まで長い間、本番で結果が出せないという弱さやメンタルの面でどちらかというとがつがつ絶対俺が一位になるというような性格ではありませんでしたが、それが、ここ数年のトレーニングで弱点を克服して、見事今年の大会では素晴らしい結果を出すようになりましたね。
第二の時代をけん引していく中でパーソナリティーはとても大切になってきますが、その中でも弱点克服のために自身が発する発言を変えていったことで町田語録といわれるものができて多くのファンに親しまれるようになりました。

年齢としては羽生よりも先輩ですがこれから第二の浅田や羽生のような選手としてその魅力をどれほど発揮していけるのかが大きなカギになってくるのではないかと思います。

もちろん他にもたくさんの選手がおりますので、どのように第二の時代が開かれていくのか今後ますます注目が集まってきそうですね。

町田樹.jpg

さて、本日は第二の浅田真央と羽生結弦という話題について書かせていただきました。

第二のという表現は浅田や羽生ほどに日本や世界を巻き込むムーブメントを起こせる選手であることだと私は思います。

様々書かせていただきましたが、何よりも一番大切なことは結果を出すことであると思います。
この結果を出すためには才能だけではなく強い信念と努力が必要になってきます。
浅田や羽生がここまで注目をされる理由はそれだけの結果を出し日本中に感動を与えてきたからこそです。

どの世界でもこれは共通することなのかもしれませんが、浅田も羽生も最初から日本からも世界からも賞賛されることを目的としてフィギュアスケートをしてきたわけではありません。

自身の目的を明確に持ちそれに向かって進み続けたからこそ今の二人がいます。
だからこそ、今後私たちが第二の羽生や浅田と呼ぶような選手はその明確な目的、信念を強く持ちその行動を積み重ねてきた選手になるのでしょう。

フィギュアスケートは第二の時代に変わろうとしております。
多くの選手が引退をして、新しく日本の活力を生み出してくれる選手が現れるはずです。

その第二の時代をけん引する選手は結果の上にそのイメージを浸透させていくことにもつながっていきそうですね。

第二の浅田真央、羽生結弦は上記に挙げたような選手だけではなく、まだまだ無名の選手になるかもしれません。
今後の展開に注目です。


今日も最後までお読みいただきましてありがとうございます。

shou が創る感動の瞬間を提供するオーダーメイド似顔絵ギフト『ミニチュ絵』はこちらから覗いてみてください。

最後にフィギュアスケート人気ブログランキングをチェック!

[スポンサーリンク]




共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。