So-net無料ブログ作成
検索選択

羽生結弦、高橋大輔の小説、イラスト、漫画

 羽生結弦と浅田真央のあれこれ2015 

羽生結弦、高橋大輔の小説、イラスト、漫画 [羽生結弦]

こんにちは、Shouです。

[スポンサーリンク]




本日は、羽生結弦、高橋大輔の小説、イラスト、漫画というテーマで書かせていただきますね。

まず初めに、フィギュア大好きな私shouが一味違うあなたを演出する写真一枚からできるオーダーメイドの似顔絵ギフト『ミニチュ絵』をオープン価格2980円(税別)からオープンしましたので、より心がこもった暖かい感動の贈り物をお考えの方は是非覗いてみてくだ さい。
Facebookペー ジでは選手達のイラストなども紹介していきます。
似顔絵ギフト『ミニチュ絵』

最近では羽生や高橋の人気に伴って様々なファンの方が作る作品が多く出てきました。
イラストや漫画というとなんとなくイメージが付く方も多いかと思いますが、中には『小説?』と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

羽生結弦と高橋大輔.jpg

このファンが作る夢小説は、羽生や高橋だけでなく様々なアーティーストやアイドルとの妄想で作られた小説として書かれております。漫画やイラストはファンの方が羽生や高橋を見て書かれているものが多いのですが、小説は特に細かい細部までファンの方がこだわりをもってストーリーとして描かれているのでそれを見るだけでもいいですし、書くというのも充実感があることのようです。
私は実際小説を見たことがあっても書いたことはありませんが友人が書いている羽生や高橋の夢小説を以前見せていただいてファンが感じている羽生や高橋に対しての想いがまさに100%出ているもののように感じられました。

羽生や高橋が世界中から大人気ということはもう一目瞭然なことですが、このファンの方が作る小説や漫画、イラストを見ていると彼らのどんなところが魅力的なのかということを強く感じられます。
この漫画やイラスト、小説といったものの他のファンからのレビューなどを見ると本当の意味での羽生や高橋の人気の秘密がわかる気がします。

羽生結弦.jpg

そして、何といっても完成度が高いのです。本日は羽生と高橋の小説や漫画、イラストについてかかせていただいておりますが、やはりダントツにこの二人の作品が多いように感じます。

やはり、漫画やイラストなどはわかりませんが、肌感覚として圧倒的に小説は男性より女性が男性選手である羽生や高橋について書いているようなものが多いように感じられます。

もちろん男女ともにフィギュアは人気が高いですが、その中でも特に女性ファンの熱は男性ファンよりも違う熱があるように感じられます。

これは私の感覚ですが、男性ファンは憧れというイメージを持っていて、女性ファンは恋をしているというようなイメージを持っているように感じられます。

だからこそ、女性が書く小説の作品が女性選手に比べ羽生、高橋などの選手のほうが圧倒的に熱があるのではないかと思います。肌感覚ですがね。笑

[スポンサーリンク]





私がこの夢小説を初めて見たのは東方神起のファンの方が書く夢小説だったのですが、様々なジャンルがあって、まさに書きたいことを全力で作者が書いているようで、読者も自分が主人公になれるので、ドキドキできるというのがたまらないという感覚がとても強く伝わってきました。私は男などでドキドキという感情ではありませんが、友人の女性のテンションがとても高かったのを今でも覚えております。
なんて、話がそれてしまいましたね。

小説について書かせていただきましたが、私は特にイラストが好きです。
もちろんイラストの上手下手でいったらすべてめちゃくちゃうまいのですが、上手下手だけではなく、そのイラストからは羽生や高橋の内面を表現しているような暖かい絵がとても多いように感じます。何でしょうね。私個人としては絵を見るのがとてもすきなのですが、このファンの方が書くイラストというものがとても暖かくて好きなのです。

言い方はどうかわかりませんが、子供がお父さんとお母さんや家族のイラストを描いたものに似たようなものを感じるのでとても好きです。

それレビューも素晴らしいものばかりで、私はイラストや漫画など書くことはできませんが、本当に見ているのが好きです。

高橋大輔.jpg

私の感想になってしまいましたね。しかしいつも書かせていただいておりますが、今の時代は羽生や高橋のような選手のファンが増えたり、実際に彼らが世界のトップになっていくためには間接的ではあるかもしれませんが、ファンの力が大きく影響をしていると思います。

先日ご紹介したファンの方が書くブログもまさにそうですが、このような小説、イラスト、漫画などを製作したり読者が増えることが結果、羽生や高橋のファンが増えていくことにつながっていくのではないでしょうか。

今やネットで誰もが発信をできる時代です。だからこそ、自身の感情や思いを形にして広めることだってできるのですね。私が書いているこのブログだってその一つだと思います。
多くの人にとって広めることが目的ではないと思います。しかし、その小説、漫画、イラストなどを見る人は何かを感じ感情に変化を持たれるのかもしれませんね。

少し熱くなってしまいましたが、やはり私はこのファンの方が作り発信するものには愛が深くこもっていると思います。

漫画というものも、完成度が高すぎます。もはや漫画までできてしまうということがすごすぎます。羽生や高橋本人にとってもびっくりしてしまうほどですよね。

漫画のタッチなどはそれぞれ全然違うのですが、すべてがそれぞれの味を出していて素晴らしい作品が多いです。

なんだかこうやって見ていると思うのですが、羽生や高橋の小説、漫画、イラストに絞ってファンがもちよる展覧会、展示会、コミケのようなものを開催したら多くの方が集まりそうですよね。そして、特別ゲストで高橋や羽生がいらっしゃってくれたらその時の会場の熱は計り知れませんね。笑

なんて、私が妄想をしてしまいましたが、そんなことだって起こったって不思議ではないですよね。もしかすると、もうどこかで行われているのかな。
そんなことを考えてしまうほど、羽生や高橋の人気が特に高いということが感じられますね。もちろんそれぞれの選手がそれぞれの素晴らしさや個性を持っていて、それぞれの選手の小説、漫画、イラストもとても多いです。

ソチ五輪での高橋と羽生と小塚.jpg

さて、本日は羽生結弦、高橋大輔の小説、イラスト、漫画というテーマで書かせていただきました。

特に本日は羽生や高橋に特化して書かせていただいたのですが、この小説やイラスト、漫画などは様々な選手がかかれております。

その中でも特に作品数が多いということだけなのですが、それは純粋にファンの数に比例していることなのかもしれませんね。

羽生や高橋が人気になった理由については今までさまざま書かせていただきましたが、その人気を押し上げる要因になっているものはこのようなファンからファンに対する発信によって生み出されているのであると思います。

以前紹介させていただいたファンの方が書くブログなどとは違い小説、イラスト、漫画などといった作品にはその製作者の方の思いが全開で出ているように感じられますね。

ですので、ブログとはまた違った、イメージを感じることができます。なんだかこれは言葉にしづらい表現ですね。汗

ただ、このような小説や漫画、イラストなどがもつ影響力はとても大きなものであると思います。

そして、最後におまけなのですが夢小説とは別に、羽生のジュニア時代をモデルに書かれているクリスタルエッジという小説も販売されていますね。
今ほどの知名度もなく、ファンもそこまではいなかった羽生にとってジュニア時代をどのように過ごしてきたのかなど、とても読みやすい内容になっているので是非お勧めします。

いやー。やはり高橋や羽生の人気は絶大ですね。今問題となっている次の世代を引っ張る第二の羽生や高橋のような選手はまだ出てきたとは言えないと思いますが、そんな選手が出てきたときには、この小説、漫画、イラストなども注目されていくのかもしれませんね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

shou が創る感動の瞬間を提供するオーダーメイド似顔絵ギフト『ミニチュ絵』はこちらから覗いてみてください。

最後にフィギュアスケート人気ブログランキングをチェック!

[スポンサーリンク]



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。